ピノキオ

韓国ドラマ ピノキオ(第1話〜第3話)あらすじ キャスト情報

2017/01/28

韓国ドラマ ピノキオ(第1話〜第3話)あらすじ キャスト情報

韓国ドラマ ピノキオのあらすじです。最終回まで全話のあらすじネタバレを公開中!
BSや動画でも人気のピノキオは「ピノキオ症候群」という流行語を生み出しました!
視聴率は13.3%で韓ドラのなかでも人気作品となりました。

ピノキオ

実力派俳優パク・シネとイ・ジョンソクが共演!
最高視聴率13.3%をマークした韓国ドラマ『ピノキオ』

嘘をつくと鼻が伸びる・・・。ではなく嘘をつくとしゃっくりが出てしまうという架空の病『ピノキオ症候群』のヒロインと、偽名で生活をする青年とのピュアラブストーリーです♩

スポンサーリンク

ピノキオ 全話あらすじ

こんにちは!韓流ドラマ大好きはーちゃんです♩
いつもブログ訪問ありがとうございます!
今日は『ピノキオ』の1話〜3話のあらすじをご紹介します!

▶︎ピノキオ 概要やキャスト情報はこちら

ピノキオ 第1話あらすじ

消防士をしていた父がある事件で9人の隊員を火事で失い、隊長を務めていた父に非難が集まるが父を目撃した人がいるという証言が出る中、父は姿を消してしまう。

マスコミからの厳しい非難を受け、花火大会に出かけた日に母が海に身を投げ心中を図る。

一緒に海に落ちた次男のハミョンは、偶然イナの祖父に救助されダルポと名を変え死んだ息子の代わりに養子になることで、嘘をつくとしゃっくりがでるピノキオ症候群のイナと、同い年でありながら伯父さんと姪の関係になる。

突然「兄」として現れたダルポに、イナの父ダルピョンは父をだますなと詰め寄るが、息子が死んだことを認めようとすると具合が悪くなる父のために、父が良くなるまではお互いのためにここにいさせてくれと頼む。

テレビに出ているという母に会いたがるイナのためにダルポはアンテナを設置してテレビを直してあげるが、イナの離婚した母が父の責任を激しく追及し家族を追い詰めた記者ソン・チャオクであると知ったダルポは複雑な感情を抱く。

ピノキオ 第2話あらすじ

二人が通う学校ではテレビのクイズ大会に出場する学校代表を決めるテストを行うが、万年0点でオールゼロと呼ばれるダルポが満点を取ったことで、カンニングをした、テスト問題を盗んだ等悪い噂が流れる。

疑われたダルポの代わりにチャンスが代表で番組に出演し優勝するが、イナはダルポは盗んでいないと主張し証拠を持ってくると言ってしまう。
イナの発言のためにダルポは、大嫌いなテレビ局を訪れ予選を通過し挑戦者としてチャンスとクイズで対決する。

放送を通してダルポが連続で正解する様子に、クラスメイトにダルポがテスト問題を盗んでいない事が証明される。

放送により疑惑が晴れたことに感動したイナは、将来記者を目指すことを心に決める。

ピノキオ 第3話あらすじ

家計が苦しいためイナとダルポの二人を大学に行かせられないと知ったダルポは、大学進学をイナに譲って自分はタクシー運転手となる。

イナは記者になる夢を叶えるためテレビ局の面接を受け続ける。
母のいるテレビ局に面接に行くことになったイナは、面接で念願の母と再会し喜ぶ。

しかし母チャオクはピノキオ症候群では記者にはなれないと不採用にする。

面接後ずっと会いたかったと言ったイナに、私は会いたいと思う程暇ではなかったと冷たい態度で接し、今まで母の携帯だと思っていたメールは母ではなく他の人が受け取っていたことに気が付いたイナは激しく傷つく。
イナが家出をしたと聞き、慌ててイナを探すダルポ。

屋上にいたイナを見つけたダルポは、母親が期待外れでどれだけお前が傷ついたかわかると優しい言葉をかける。

記者になるための参考書を処分しようとするイナを止めたダルポは、自分も記者を目指すから一緒に記者になろうと話す。

ピノキオ 第1-3話感想

「嘘をつくとしゃっくりが出る」という架空の精神病、ピノキオ症候群という設定がとても斬新ですが、セリフの途中でも何度もしゃっくりをするパク・シネの演技の苦労を感じます。
パク・シネとイ・ジョンソクの爽やかな魅力がとてもお似合いで、今後二人が繰り広げるラブストーリーに期待が高まります。

 

韓国ドラマ ピノキオ あらすじ一覧

→韓国ドラマ ピノキオ 全話あらすじ一覧

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-ピノキオ