大切に育てた娘 ハナ 第64話〜第66話(最終回まであり)のあらすじと感想

2016/06/23

ハナ

ストーリーの面白さと俳優たちの好演で、韓国の総合視聴率ランキングで5週連続TOP10入り(最高視聴率14.6%)を果たし韓国ドラマヒット作!「大切に育てた娘 ハナ」

「コーヒープリンス1号店」「花ざかりの君たちへ」「トキメキ成均館スキャンダル」「美男ですね」など男装女子が主役のドラマはどれも大ヒットしました。
韓国ドラマファンじゃなくても絶対はまること間違いなしの予感です。

スポンサーリンク

大切に育てた娘 ハナ 全話あらすじ

こんにちは!韓流ドラマ大好きはーちゃんです♩
いつもブログ訪問ありがとうございます!
今日は『大切に育てた娘 ハナ』の64話〜66話のあらすじをご紹介します!

▶︎大切に育てた娘 ハナ 相関図やキャスト情報はこちら

大切に育てた娘 ハナ 第64話あらすじ

ラヒから事情を聞いたソル会長はハナを追及する。この婚約は確かに偽装だった、でも今は本気で愛し合っていると答えるハナ。

ドヒョンもまた同じように父に告白する。どうか因縁を断ち切って祝福してほしい。妥協点を見つけて皆が幸せになる道を見つけると訴えた。

残すはあと10日。10日後、自分達を遮るものが無くなったら結婚しよう、と話す二人。

会社の犠牲となった人達に償いを、そうしたらハナを説得する。ドヒョンのその言葉に逆上するソル会長。ドヒョンの懇願も跳ね除け絶対妥協はしないと怒鳴りつける。

一方、ハナも母と姉にプロポーズされたと報告。その愛は認めるものの、親子の関係を引き裂くような結婚はいけないと母は言う。

誰にも祝福されない中、ドヒョンは誓約式を開こうと言う。ハナも頷く。それはいつ壊れるか分からないこの幸福をしっかりと覚えておくため。

その報告を受けたユンチャンは、10日後の結果がどうであれ俺はいつもと変わらずに同じところにいる、と言った。

桜の木の下での誓約式。祝福されぬまま二人はキスを交わす。

大切に育てた娘 ハナ 第65話あらすじ

誓約式を行ったことでドヒョンは副会長を解任された。ソル会長の独裁はエスカレートしていく。

この難局を乗り切るのは難しい。ヒョソンは娘の平穏な未来を願って、10日後何も変わらないのであればどうか娘に別れを切り出してほしい、とドヒョンに頼む。

そしてユンチャンも、父親に楯突いた事を評価しながらも過去の清算が出来なければハナを諦めろという。

ファンソジョンで落ち合った二人は、残された期間で事が上手く運ぶ事を信じようと励まし合う。この状況はそれぞれの信念がぶつかり合って一歩も引かないから起こった事。諦めて信念を捨てる時というのはきっと、自分が間違っていたと気付いた時なんだろうとハナは考える。

一方、グァンチョルが実父だとチョンランに確かめたラヒ。娘の為ならなんでもするという彼にラヒは、私の天敵ハナをどうやって痛めつけるのか見たいと言う。

大切に育てた娘 ハナ 第66話あらすじ

再び近付く日食。以前と同じようにみそ玉が赤カビに侵された。

期限はまもなくやってくる。占い師に運勢を見てもらったチョンランは「チャン家の若い人間が死ぬ」という予言を受け怯える。

ドヒョンはソル会長の説得を続けているが、火に油を注ぐようなもので怒りは増す一方。そしてグァンチョルがハナを始末すると言い出した。

ファンソにとって厄災の前ぶれである日食を控え、チャン会長はハナに協力を申し出る。しかしいまだかつてない赤カビによる被害になすすべがない。チャン会長は秘伝書をハナ託した。そしてハナとの勝負を受けるという。

ユンチャンがドヒョンに渡したもの。この状況をひっくりかえせるという爆弾は、過去ソル会長によって全てを奪われたある子供のことだった。この子にとって「ソル」という名は恐怖でしかない。償いとしてその子の面倒を見ていたユンチャン。父の罪を知った息子がどう償うか、その答えが知りたいとドヒョンに言う。

赤い月の晩に見る夢は正夢。揃って不吉な夢をみたヒョソンとハミョンは不安で仕方がない。夢の中で血を流していたのはハナだった。

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-大切に育てた娘ハナ
-,