大切に育てた娘 ハナ 第73話〜第75話(最終回まであり)のあらすじと感想

2016/12/17

ハナ

ストーリーの面白さと俳優たちの好演で、韓国の総合視聴率ランキングで5週連続TOP10入り(最高視聴率14.6%)を果たし韓国ドラマヒット作!「大切に育てた娘 ハナ」

「コーヒープリンス1号店」「花ざかりの君たちへ」「トキメキ成均館スキャンダル」「美男ですね」など男装女子が主役のドラマはどれも大ヒットしました。
韓国ドラマファンじゃなくても絶対はまること間違いなしの予感です。

スポンサーリンク

大切に育てた娘 ハナ 全話あらすじ

こんにちは!韓流ドラマ大好きはーちゃんです♩
いつもブログ訪問ありがとうございます!
今日は『大切に育てた娘 ハナ』の73話〜75話のあらすじをご紹介します!

▶︎大切に育てた娘 ハナ 相関図やキャスト情報はこちら

大切に育てた娘 ハナ 第73話あらすじ

崖から落ちた事、売りに出されたファンソの発酵場を買い取り、そこで暮らしていたことを語るハナ。ファンソを導く待令熟手、その資格を得るために私は一族を説得する。そしてあの日の事はいずれ公式に発表すると宣言した。

動揺するソル議員はドヒョンに全権をゆだねずユンチャンにも権利を分けるよう指示する。

ラヒはドヒョンにいつでもあなたの味方だと囁く。ドヒョンは冷めた目でラヒを見る。

僕がハナを諦めたのは、僕が傍にいると命を狙われるからだ。生涯ハナだけを愛するというドヒョンの言葉を聞いて切なげに顔をゆがめるラヒ。

一方国外に逃げるために資金を作ろうと右往左往するグァンチョルとチョンラン達。勝手にチャン家所有の邸宅を売ろうとしているところをハナ達が阻止する。監禁されていた会長を救いだし一安心。

そんな時ユンチャンが体調不良で倒れる。ハナは人には頼れというのに自分は頼らないのかとしかりつけ、これからは身を寄り添って生きるペンギンのように支え合おうとユンチャンに言う。嬉しそうに微笑むユンチャン。

大切に育てた娘 ハナ 第74話あらすじ

ソル議員の疑惑を示す資料をチョン委員長渡すも、彼は既に買収されていた。

次はこの程度では済まないと脅されるハナ。同席したドヒョンにも相手はソル・ジンモクだということを忘れるなと釘を刺される。

巨大な権力に立ち向かうにはまだ力が足りない。しかしユンチョンは二人の力を合わせれば倒せるさ、と笑った。

父に抗議するドヒョン。今まで感情を殺して権力を手に入れてきたのは二人と同じ目的。もう少しでその日がやってくると感じていた。

一方、余命2か月と宣告されたチャン会長。残された時間は一族の未来を紡ぐために尽力すると覚悟を決める会長。ハナの父の法要にラゴンを呼び出し、二人にハナとの勝負の結果で結論を出すと言う。

ラゴンはもう勝ったつもりでいる。油断したラゴンはドウンの尾行に気付かずにグァンチョルの家に入っていく。

その情報と差出人不明で送られてきた名簿と画像データにより、ラゴンとグァンチョル、ソル会長の三者の関係が証明可能となった。

ハナは警察をつれてグァンチョルの家に乗り込む。

大切に育てた娘 ハナ 第75話あらすじ

拘束されたグァンチョルだが、SSによってあっけなく釈放された。グァンチョルは早速ハナとユンチャンの周りを調査させる。身の危険を感じたハナ達はチャン家の母屋に身を寄せた。これでは手が出せないとラヒとラゴンは困惑する。

チャン会長は全てをかけてハナと勝負すると一族に公表した。破門されたハナとなぜいまさらと憤る長老たちに、あの子の功績を称え最後に花道を歩かせたいと言うチャン会長はまだなおハナが女性であることに固執しているのだ。

従業員達がハナ待令熟手就任の嘆願書を持ってきたが、腹を立てたラゴンが暴行する。

駆け付けたハナはチャン会長が意思を曲げない事を感じ、全てをかけて戦うと言い放つ。

とはいえあまりに頑なな会長にショックを受けるハナ。ユンチャンに会いに来たが彼は不在だった。ハナはそこで彼の出自を知る。

ソル会長とユンチャンは、血の繋がった親子だった。それを知っていて敵対してきたユンチャン。傷ついたことも数多くあるはず。なのにずっと私を助けてくれたと胸が詰まるハナ。ハナはユンチャンに、辛い時、必要になった時、怖い時は私を呼んでねと言う。

そしてハナと会長の勝負は始まった。

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-大切に育てた娘ハナ
-,