王と妃

韓国ドラマ 王と妃-あらすじ-最終回まで感想あり-91話〜96話

韓国ドラマ 王と妃-あらすじ-最終回まで感想あり-91話〜96話

韓国ドラマ 「王と妃」のあらすじ
感想、キャスト、人物相関図など、最終回までネタバレありで全話配信します。
視聴率44%超えの歴史的韓ドラ!

 

王と妃2

 

朝鮮王朝を揺るがした「癸酉靖難」事件、燕山君が起こした粛清事件「甲子士禍」まで、激震が続く朝鮮王朝の50年を綴る。
視聴率40%越えの大人気韓国ドラマ。

▶︎韓国ドラマ 王と妃-あらすじ全話一覧 相関図・キャストなど

スポンサーリンク

韓国ドラマ-王と妃-あらすじ-91話〜96話

王と妃 第91話

世祖は、ここにきてハン・ミョンフェに引退をせまってました。世祖は、功臣たちを閑職に追い遣ったのでしたが、ハン・ミョンフェの強い権力志向に不安を抱いていました...。また、その一方で、王妃を訪れた粋嬪ハン氏は、宮殿で再び暮らせる日を望んでいました..。その為に、ハン・ミョンフェの娘と次男者山君(チャサングン)との縁談を勧めていたのです。そんな時、辺境から帰ってきたヤン・ジョンは、いきなり世祖に退位をもとめるのでした...。

 王と妃 第92話

世祖は世子へ譲位すると突然言い出して、周囲はバタバタするのでした。そして、ばか正直なヤン・ジョンが退位をせまってきた裏にはハン・ミョンフェの存在があると世祖は推測していました...。その頃、官僚たちも存続派と譲位派にわかれて、互いに激しく争うのでした。粋嬪ハン氏は、この事態をひややかにみつめ、息子が王位になれる道はまだ残されていると信じるのでした...。そして、譲位を世祖に廃止を求める、シン・スクチュとハン・ミョンフェの姿がありますが...。

<スポンサーリンク>

王と妃 第93話

2人の息子を連れた粋嬪ハン氏が宮殿にやってきました。者山君(チャサングン)は、初めての宮殿に、はしゃぎまわるのでした。そして、ハン氏は、息子たちの将来を願って思わず世祖の前で涙を流してしまいます...。こうして、野望の実現にむけてハン氏は、世祖にハン・ミョンフェを領議政にするようねだったのですが...。そして、譲位を考え直していた世祖はというと、混乱になった要因を回避するためヤン・ジョンの処刑を言い渡して、ハン・ミョンフェに世子の将来を託すのでした...。

王と妃 第94話

月山君(ウォルサングン)の婚礼の儀式がめでたく執り行われました。粋嬪ハン氏はというと、亡き魯山君(ノサングン)の墓の前で、月山君を王位に就かせて見せると誓うのでした...。世祖が世子の将来をハン・ミョンフェに託したのを知った王妃は、強く反発をしました。一方、世祖は東宮で息子の思い出にふけっていたところ、胸が苦しみだしその場に倒れてしまうのです。これを聞きつけた臣下たちはそれぞれ思惑を抱き対処にのりだすのでした。世祖の亡き後を考えるようになった王妃でありましたが...。

王と妃 第95話

粋嬪ハン氏は、夫の死で宮殿を追い出された時の悔しさを噛みしめていました...。世祖が今、亡くなったらどうなるかと考えると不安が募り、者山君(チャサングン)を連れて宮殿にやってきました。利発で情の深い者山君の看病のおかげにより、世祖は落ち着きを戻すのでした。そしてハン氏はというと、王妃を尋ねて、今はつかわれていない東宮を狙っていたのです。次にハン氏は、世祖に会って、遂にハン・ミョンフェを領議政にさせたいと王命を取り付ける事になりますが...。

王と妃 第96話

ハン・ミョンフェはついに領議政になりました。この事で家では盛大な祝いの宴が開かれたのです。そして、そこにちょうど粋嬪ハン氏がやってくると、半強制的にミョンフェの娘と者山君(チャサングン)との縁談を交わすのでした...。しかし、世祖はというと、ハン氏の頼みによってハン・ミョンフェを領議政にしたのには、すでに反撃の計略を練っていたからでした。そして、世子を前にする王妃は、ハン・ミョンフェを始め功臣たちを決して信用してはならないと言うのでした...。

【王と妃-全話一覧】
韓国ドラマ-王と妃-あらすじ全話一覧はこちら

 

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-王と妃