ホン・グギョン(洪國榮)

洪國榮 ホン・グギョン(22話〜24話)-韓国ドラマ-あらすじ-感想・キャスト情報

洪國榮 ホン・グギョン(22話〜24話)-韓国ドラマ-あらすじ-感想・キャスト情報

韓国ドラマ 洪國榮(ホン・グギョン)の全話あらすじ記事です。感想やキャスト情報を交えながらネタバレ中!
イサンでお馴染みの「ホングギョン」が韓国歴史ドラマとして放送されます♩
ホングギョンの視聴率は20%超えと言われており、BS日テレで放送予定です。
キャスト陣の好演技にも注目の韓流ドラマホングギョンのあらすじをごゆっくりどうぞ!

→洪國榮 ホン・グギョン-韓国ドラマ-あらすじ-全話一覧・感想・キャスト情報

ホングギョン 洪國榮 韓国ドラマ あらすじ

スポンサーリンク

洪國榮 ホン・グギョン-概要

名門の家柄出身で学問優秀な青年ホン・グギョン。
だが、貧乏を強いられ、その前途は険しかった。
生活苦にあえぎ、ついに盗賊団の一味になる決意をするが…。
そんな中、豪商の娘ヨオクと出会い、将来を誓い合うが、運命の糸はふたりを過酷な状況に巻き込んでいく。
国王英祖の娘・ファワン翁主の養子となったフギュムにヨオクが見初められたことで、引き裂かれてしまうグギョンとヨオク。
やがてグギョンはその才を見いだされ、世孫イ・サンの右腕として仕える身となるが、イ・サンとフギュムは国政をめぐる策略のなかで激しく対立することになっていく…。
さまざまな事柄と人物が複雑に絡み合いながら、知らず知らずのうちに宮廷内の勢力争いに巻き込まれてゆくグギョン。
グギョンとフギョム…終世のライバルである2人の最終対決の行方はいかに。
そして、グギョンとヨオクの叶わぬ恋は果たして成就するのか。

 

 ホングギョン(洪國榮)第22話 あらすじ

 ホングギョン(洪國榮)第22話 あらすじ

イ・スンジュはカンやグギョンが集まる部屋にやってくると、奪った武器を返すよう要求する。

すると潔いカンは商人人生の終わりを覚悟し、倉庫に火を放つと逃げ出したのだ。

逃げるカンだったが、トルソクとユクソンと共に銃で撃たれてしまう。

英祖の側に親族一同が集まった。そしてファワン翁主がフギョムが科挙を受けること、そしてヨオクが懐妊したことを報告した。

一方、グギョンは家族のことなどを考え、なかなか旅立てずにいた。

するとウンジュはグギョンを責め立て、あなたのために首を吊った母親がどんな気持ちになると思うかと言い放ったのだ。

グギョンはウンジュの言葉に背中を押され、妙香山へと旅立っていく…。

<スポンサーリンク>

 ホングギョン(洪國榮)第23話 あらすじ

 ホングギョン(洪國榮)第23話 あらすじ

5年がたった…。

グギョンは妙香山から下りてくる。しかし家族の姿もカン商人の行方も分からず途方に暮れてしまう。

グギョンは儒生が多く泊まる宿に入り、そこで偶然にもチョン・ミンシと再会することができた。

ミンシからフギョムが科挙に合格し、兵曹参判になったことなどを聞かされる。

科挙を受けるためには身元証明が必要だった。

しかしグギョンは事情があり、身元証明を誰にも頼めない。

そこでミンシの力を借り、書類を操作し科挙に挑むことにしたのだ。

科挙の前日、グギョンは高熱を出し倒れこむ。

体調不良のまま受験当日を迎えたグギョンは、会場に現れたものの役人たちに捕らえられてしまった…。

 

 ホングギョン(洪國榮)第24話 あらすじ

 ホングギョン(洪國榮)第24話 あらすじ

捕盗庁によってグギョンは拘束されそうになる。

しかし世孫の意を受けたパク別提が、拘束を阻止したのだ。

フギョム一派は作戦を変更し、グギョンの答案をすり替えて不合格にしようと考える。

一方、世孫はすぐさま英祖に会いに行くと、科挙会場への同行を願い出て視察を任されたのだ。

世孫は右議政ホン・インハンや試験官を呼びつけると、不正をしないようきつく命じた。

試験を終えたグギョンのことをフギョム手下たちが待ち受ける。

その頃、グギョンはパク別提が用意してくれた役人の官服を着て変装し、無事試験会場を後にしたのだった。

結果が出た。

合格者の中にミンシとグギョンの名前があった!!

 

→洪國榮 ホン・グギョン-韓国ドラマ-あらすじ-全話一覧・感想・キャスト情報

 

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-ホン・グギョン(洪國榮)
-, , ,