海神(ヘシン)

韓国ドラマ-海神(ヘシン)-あらすじ-37話〜39話-最終回まで感想も!

韓国ドラマ-海神(ヘシン)-あらすじ-37話〜39話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「海神(ヘシン)」あらすじ 各話
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率30%超え!動画情報もあり!

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「海神(ヘシン)」37話~39話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-海神(ヘシン)-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-海神(ヘシン)-概要

朝鮮半島のある村で奴隷として生まれたクンボク。
彼は奴隷として生まれたことを嘆き、いつか唐へわたり自由な生活を夢みていました。
しかし、ある日村が海賊に襲われ父親を殺されてしまいます。
そのうえ唐での自由な生活を夢見ていたのに、唐へは奴隷として売られてしまい…
新羅時代、三国志の中で反逆者として伝えられる、実在の人物クンボクことチャン・ボゴの激動の人生と素顔とは!?

韓国ドラマ-海神(ヘシン)-あらすじ-37話〜39話

海神(ヘシン) 37話

新任の武珍州都督キム・ヤンを取り込むため、ジャミ夫人はキム・ヤンの並々ならぬ出世欲に目をつけ、ヨンムンを利用すると同時に、ヨンムンへの支援を約束する。

それぞれの頭領の無念を晴らすため、意地と商団の存続がかけて最後の海戦に挑むチャン・ボゴとヨンムン。

ついに長きに及ぶ2人の因縁の闘いに終止符が打たれる瞬間が訪れる―。

ヨンムンは敵討ちのため、ペクギョンらを投降した海賊に見せかけ清海へ送り込む。

ヨンムンは、襲撃計画が失敗したことを知らずに清海へ総攻撃をかけようとするが、逆にチャン・ボゴらに攻撃される。

一方、都督キム・ヤンの冷たい態度に不安を覚えたチャミ夫人は、チュンダルに指示しヨンムンらを来させる。

しかし、ヨンムンはそこで校尉に捕らえられてしまい…

海神(ヘシン) 38話

チャン・ボゴとヨンムンの壮絶な海戦から2年の歳月が流れ、再び揚州一の商人に返り咲いたチャン・ボゴは清海鎮を拠点に唐・新羅間はもちろん、日本やアラビアなどとの交易にも乗り出し、大きな利益を上げていた。

その功績を称えられ、新羅王から招聘されたチャン・ボゴは、思わぬ大役を任せられることになる。

チャン・ボゴは巧みな攻撃で、ヨンムンら海賊の捕縛に成功する。

チャン・ボゴはヨンムンに対し、死罪ではなく刺字刑を実刑し奴隷にさせ、自分と同じような苦しい道を味わわせる。

そんなチャン・ボゴに憎しみに満ちた目を向けるヨンムン。

そして2年後、唐と倭国をつなぐ拠点として大いに栄えた清海。

在唐新羅人商幇の大頭領になったチャン・ボゴは新羅皇帝に呼ばれ…

海神(ヘシン) 39話

清海鎮大使の大役を与えられたチャン・ボゴは、清海を新羅の海外交易の拠点とすべく、次々と改革を進めていた。

なかでも商税廃止は大きな効果をあげ、長安一のファン商団を始め、ジャミ夫人までがチャン・ボゴとの取り引きを求めて清海鎮にやって来る。

一方、剣ではチャン・ボゴは倒すことができないことを悟ったヨンムンは、復讐を遂げるためキム・ヤンのもとで閻丈として新たな人生を歩み出す。

キム・ヤンはヨンムンらの武芸の実力を買い、秘密部隊として選び抜く。

キム・ヤンに“ヨムジャン”という新しい名前を与えられたヨンムンは、チャン・ボゴを殺すための機会をうかがう。

一方、清海の繁栄とは逆に徳真浦は廃れてしまい、チャミ夫人が取引していた多くの商団もチャン・ボゴの商団へと乗り換える。

崖っぷちに立たされたチャミ夫人は…

【海神(ヘシン)-全話一覧】

海神(ヘシン)-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-海神(ヘシン)
-, ,