韓国ドラマ-イ・サン(李祘)-あらすじ-31話〜33話-ネタバレと感想

韓国ドラマ-イ・サン(李祘)-あらすじ-31話〜33話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「イ・サン(李祘)」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。

 

イ・サン(李祘) 韓国ドラマ あらすじ ネタバレ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「イ・サン(李祘)」31話~33話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-イ・サン(李祘)-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-イ・サン(李祘)-概要

サド世子の次男で、英祖の孫にあたるイ・サンの波瀾のストーリー。
最終的に朝鮮第22代国王「正祖」になるが、その間にはサンの即位をなんとしても阻止しようという陰謀や裏切りがあった…。

 

韓国ドラマ-イ・サン(李祘)-あらすじ-31話〜33話

イ・サン(李祘) 31話

ファワン(ソン・ヒョナ)は、王妃はもう生きた屍も同然だと自分たちにとってチャンスだとチョン・フギョム(チョ・ヨヌ)に告げる。それは何だとフギョムが尋ねると、ファワンは世孫に取って代われる資質を持っていると答える。一方、絶望したサン(イ・ソジン)は昔の仲間であるテス(イ・ジョンス)とソンヨン(ハン・ジミン)に会い、泥酔状態で宮に戻ってきた。このことを知ったヘビン(キョン・ミリ)はソンヨンを呼んで...。

イ・サン(李祘) 32話

サンの母ヘビン(キョン・ミリ)はソンヨン(ハン・ジミン)を遠くにやるつもりで清国への使節団の行列について行って芸府司で画員の修行をするように命じた。5年~10数年は帰れないという言葉を聞き、ソンヨンの目には涙があふれる。しかしヘビンは今世孫の立場は小さな失敗、ミスも許されない状況だと、世孫の足かせになりたくないなら静かに去るように頼む。一方、宮でソンヨンに遭遇したサンは喜んで近づいて行くが、ソンヨンは顔を隠す...。

 

イ・サン(李祘) 33話

ソンヨン(ハン・ジミン)が清国の芸府司に行くことを推薦したのがホン・ボンハン(シン・チュンシク)であることを知ったサン(イ・ソジン)は、ヘビン(キョン・ミリ)に理由を尋ねた。ヘビンは世孫と特別な縁があると知って画員になる夢を叶えられるようにしたことだと答えた。ソンヨンが喜んでその機会を受け入れたという母の言葉に、サンは寂しい気持ちになった。一方、清国の官僚は、芸府司は女になんて教育はしないと、ソンヨンを拒否する。しかしホン・ボンハンは通訳官にソンヨンは国に連れ帰ってはならないと告げた...。

【イ・サン(李祘)-全話一覧】
イ・サン(李祘)-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-イ・サン(李祘)
-, ,