ワーキングママ育児パパ

韓国ドラマ-ワーキングママ育児パパ-あらすじ-112話〜114話-ネタバレと感想

韓国ドラマ-ワーキングママ育児パパ-あらすじ-112話〜114話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「ワーキングママ育児パパ」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
ユ・ジュンサンが妻に嫉妬した事で話題!

ワーキングママ育児パパ 韓国ドラマ あらすじ 感想

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「ワーキングママ育児パパ」112話~114話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-ワーキングママ育児パパ-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-ワーキングママ育児パパ-概要

愛妻家のジェミンの妻ミソは、仕事も育児も一生懸命なキャリアウーマン。
8歳の娘1人でも目の回るような忙しさ。
しかし、ある日のこと妊娠していることが発覚します…
嬉しいながらも、また育児休業を取るしかないのかと考えるミソだったが、夫のジェミンは妻のために専業主夫になることを決意!
子育ても家事も楽勝かと思っていたジェミンでしたが、実はいままでやってきた仕事以上に大変で…!?

 

韓国ドラマ-ワーキングママ育児パパ-あらすじ-112話〜114話

ワーキングママ育児パパ 112話

キム・ジェミン(パク・コニョン)は保育園を社内につくる計画書を
会社の取締役に提出する。

キム・ジェミン(パク・コニョン)は詳細な計画を立ててこれたことに対する達成感と
計画書が会社の審査で通るのかという不安でいっぱいであった。

一方、オ・サンシク本部長(ソン・ゴヌ)は
(今、イェウンの悪事をすべてバラしてやろう)と企んでいた。

<スポンサーリンク>

ワーキングママ育児パパ 113話

ミソとジェミンとイェウンの3人は
オ・サンシク本部長の仕業で
「悪い人間」という烙印を社内で押されてしまう。

3人は上司から呼び出される。
「余計なことは何一つしていない」と弁解するが
上司は3人の言うことを信じようとはしなかった。

ジェミンは
(保育園の計画に関するプレゼンテーションは
果たして行わせてくれるのだろうか?)
という懸念を持ってしまう。

ジェミンの今までの努力は
オ・サンシクにより、全て水の泡となってしまうのだろうか…。

ワーキングママ育児パパ 114話

キム・ジェミンは会社内で保育園をつくるという計画の
プレゼンテーションを行うことが許されたが
会社からは司会進行役しか与えられなかった。

キム・ジェミンは全ての努力が
このプレゼンテーションにかかっていると
意気込んだ。

プレゼンテーションにはパク・ヒョッキとチャ・イルモクも参加予定で
3人とも絶対に保育園設立案を通そうと鼓舞しあう。

【ワーキングママ育児パパ-全話一覧】
ワーキングママ育児パパ-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-ワーキングママ育児パパ
-, ,