ラストチャンス-韓国ドラマ-あらすじ(第4話〜第6話)-相関図・キャスト情報

ラストチャンス-韓国ドラマ-あらすじ(第4話〜第6話)-相関図・キャスト情報

ラストチャンス 大人気の韓国ドラマあらすじです。
ラストチャンスは視聴率5.3%と少し低めな結果になりましたが、BSや動画でも人気のあった韓流ドラマです。
キャストにテギョン(2PM)をむかえ最終回まで見逃せない韓国ドラマ ラストチャンス
感想をまじえながらあらすじをネタバレしていきます!

→ラストチャンス-韓国ドラマ-あらすじ-全話一覧・相関図・キャスト情報

韓国ドラマ ラストチャンス あらすじ 相関図

スポンサーリンク

ラストチャンス-概要

 経営する政治コンサルティング会社が破産寸前のチェ・インギョン(ソン・ユナ)。バイトの運転手キム・ギュファン(テギョン(2PM))が運転を誤り事故を起こしてしまうなど、公私共にうまくいかない。

ちょうどその頃、ギョンジェ市選出の国会議員が贈賄疑惑で辞職。補欠選挙の公認候補をめぐり与党と野党内で様々な思惑が渦巻き始めるインギョンは再起を賭けて補欠議員の座を狙い、大学時代の先輩で、以前補佐官としても仕えていた与党事務総長ペク・ドヒョン(チャン・ヒョンソン)に、自分を補欠選挙の公認候補に推して欲しいと打診。

ところが、ドヒョンが公認候補に選んだ人物は、政治とはまったく無縁の高校中退リストラ男、ジン・サンピルだった! 正義感が強く仲間の信頼が篤いサンピルは、同僚と一緒に不当解雇した造船所を相手に労働運動を起こしていたが、最高裁で敗訴してしまう。

政治には関心がないサンピルだが、造船所に掛け合い仲間に少しでもよい解雇条件がもらえるよう手配するというドヒョンの申し出を受け入れ、立候補することを決断する。

インギョンはサンピルに立候補者の座を譲るだけではなく、新人政治家となったサンピルを補佐し、さら秘書インターンとなったギュファンの面倒を見ることに。駆け引きだらけ、クセモノだらけの政界で、最初はかみ合わなかった3人だが・・・。

ラストチャンス-相関図

ラストチャンス 相関図 あらすじ

 

ラストチャンス(第4話)あらすじ

ラストチャンス(第4話)あらすじ

無事に議員に就任したサンピル。議員室のメンバーも増え、本格的な活動を始めることに。

サンピルの配属先は国家予算を扱う企画財政委員会。

折しも国会では補正予算案の審議が始まろうとしていた。

水面下で駆け引きが行われる中、予算案成立のために反青派の要求をのんだドヒョンは、サンピルを利用することに決め、予算増額案の質疑を依頼する。

だが、ソ補佐官が用意した案は正反対の削減案で…。

 

ラストチャンス(第5話)あらすじ

ラストチャンス(第5話)あらすじ

補正予算案に反対するサンピルに対し国民党は懲戒処分を検討する。

意地になって信念を貫こうとするサンピルに、インギョンは常任委員会を移るよう提案する。

党から爪はじきにされたら業績など残せないと説得するのだが…。

サンピルに腹を立てたドヒョンは1年間の党員資格停止という重い処分を与えようと倫理委員会に働きかける。

一方、溶接工時代の元同僚エリがサンピルの行政秘書として働くことになる。

 

ラストチャンス(第6話)あらすじ

ラストチャンス(第6話)あらすじ

派閥の重要さを思い知ったサンピルは、ドヒョンに土下座し、許しを請う。

何も知らないインギョンは、ドヒョンに手紙を書くようサンピルを説得する。

一方、大統領に指示されたドヒョンは、サンピルを使って、反青派を牽制することに。

ドヒョン直系の議員の集まりに参加したサンピルは役員の座を与えられ、代わりにある依頼を受ける。

インギョンは、くれぐれも派閥の奴隷にはなるなとサンピルを戒めるが…。

 

→ラストチャンス-韓国ドラマ-あらすじ-全話一覧・相関図・キャスト情報

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-ラストチャンス
-, ,