リメンバー ~記憶の彼方へ~

韓国ドラマ-リメンバー ~記憶の彼方へ~-あらすじ-10話〜12話-最終回まで感想も!

韓国ドラマ-リメンバー ~記憶の彼方へ~-あらすじ-10話〜12話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「リメンバー ~記憶の彼方へ~」あらすじ 各話
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率27%超え!感動のラブサスペンス。

リメンバー 韓国ドラマ あらすじ ネタバレ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「リメンバー ~記憶の彼方へ~」10話~12話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-リメンバー ~記憶の彼方へ~-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-リメンバー ~記憶の彼方へ~-概要

アルツハイマー病のジェヒョクは死刑囚として監獄に入っているが、じつは冤罪。
今では病気のせいで息子の顔も覚えられない状態に。。。
父親のために息子ジヌは無罪を晴らすために立ち上がります。
じつはジヌには記憶に関する特殊能力をもっていました。
その後弁護士となったジヌを主人公にしたヒューマンサスペンスです。
もちろんラブもあり♡

韓国ドラマ-リメンバー ~記憶の彼方へ~-あらすじ-10話〜12話

リメンバー ~記憶の彼方へ~ 10話

ジヌの父親の再審が開かれ、ホン検事はチェ検事を指名する。
イナは傍聴席の最前列に検事服を着て現れる。
4年前に偽証して殺された証人の動画を提出したジヌに対してチェ弁護士は、ジヌが証人を脅迫して撮った映像だと反論するが、実際に動画を撮った娘の証言でジヌの潔白が明かされ、裁判の流れは一変するかと思われたが、ジヌは突然法廷で倒れてしまう。
極度の緊張と過労で病院に運ばれたジヌだが、意識を取り戻すとすぐに法廷に戻る。
そんなジヌを心配するトンホ。だがジヌの父親が無罪になることを願うトンホの気持ちがジヌに伝わるはずもなく、ジヌはただ1人法廷に向かう。
裁判は再開し、法廷に証人として現れた当時の医師も偽証だったことを認め、当時からソ・ジェヒョクがアルツハイマーを患っていた、そしてジヌが病名を偽ってくれと頼んだこともなかったと証言を覆す。

リメンバー ~記憶の彼方へ~ 11話

体調を悪くしていたジェヒョクは、再審の裁判の途中亡くなってしまう。
最終弁論の途中で父親の死の連絡を受けたジヌは涙ながらに最後まで訴えたが、結局、罪状と死刑宣告は変わらなかった。
失意の中、動かなくなった父親を目の前にしたジヌは父親を死に追いやった者を順番に追及していくことを決意する。
再審で偽証を認め刑務所に入った医師の面会に行ったジヌは、今後30年は刑務所暮らしにすると告げる。
そして不正を働き続けた刑務所の医師も暴き逮捕させる。
そして次はナム・ギュマンに殺されそうになったのを助けたのにも関わらず、再審でさらに偽証を行ったパク刑事に照準を合わせる。
一方、ホン検事とパク弁護士は法廷で顔を合わせるものの、表向きは争う姿勢を見せながら裏でつながり裁判を有利に進めていた。

リメンバー ~記憶の彼方へ~ 12話

電子レンジの爆発の問題でイルホグループと訴訟問題に発展していた、電球製造会社のソル社長がジヌに弁護を依頼してくる。
大企業を相手に失意のどん底に突き落とされたソル社長は自殺を図ろうとするが、ジヌの説得で思いとどまる。
裁判が進む中、トンホはナム・イルホが会社を設立する時に殺人を犯していたかもしれないという情報を手にする。
しかもトンホの父親がナム・イルホの指示を断り、事故に遭っていたかもしれないという事実を耳にし、驚くトンホ。
トンホが父親の死について調べていることを知ったソク・ジュイルは、トンホを忠告するが、トンホは各自がそれぞれの道を行こうと話す。
病院で検査を受けたジヌは、記憶力のよさが能力ではなく障害であり、長くて1年、短くて半年の間に徐々に記憶が消えていくと告げられる。

【リメンバー ~記憶の彼方へ~-全話一覧】

リメンバー ~記憶の彼方へ~-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-リメンバー ~記憶の彼方へ~
-, ,