商道(サンド)

韓国ドラマ-商道(サンド)-あらすじ-10話〜12話-ネタバレと感想

韓国ドラマ-商道(サンド)-あらすじ-10話〜12話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「商道(サンド)」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率33.1%を記録!動画も話題に♩

商道-サンド-韓国ドラマ あらすじ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「商道(サンド)」10話~12話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-商道(サンド)-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-商道(サンド)-概要

時は19世紀、朝鮮王朝。父親に変わり訳官を目指すサンオク。
ある日チョミュンに冤罪の罪を着せられそれによって父親を亡くし、自分は身分をおとされてしまいます。
しかしその後商人の師匠ドゥクチュとの出会いがあり、サンオクは商人としての才能を開花させていきます。
ただし成功への道を歩くサンオクの前にまたしてもチョミュンが立ちはだかり…
朝鮮時代に貿易で大成功を収めたというサンオクの波瀾の物語が今、はじまります。

韓国ドラマ-商道(サンド)-あらすじ-10話〜12話

商道(サンド) 10話

湾商都房ホン・ドゥクチュのところに、パク・チュミョンがやって来ました。その用向きは、湾商と手を組んで人参取引を始めることです。湾商は国境貿易を牛耳っていたので、京商の特権になっている人参取引を活発に行うためには、湾商と手を組む必要があったのです。ところが、ドゥクチュは利用されるだけでメリットがないと漢字、チュミョンの提案を断ります。

メリットがないと感じたのは、そのときすでに湾商独自の人参取引を行う土台が築かれていたからです。湾商にとっては、松商と手を組まなくても人参貿易がすぐにでもできるのです。湾商が人参貿易をするには、柵門を行き来できる担当者が必要だったが、その役割にサンオクが立ちます。ところが行く手にはパク・チュミョンが仕掛けた罠が待ち構えています...。

<スポンサーリンク>

商道(サンド) 11話

サンオクは、湾商が行う人参貿易の柵門の担当者になりました。サンオクが最初に向かった先は、長脳参畑でしたが、そこには松商が送り込んだ盗賊が潜んでいました。盗賊たちは薬草狩りを皆殺しにし畑に火を放ちますが、サンオクはこの難を逃れます。その頃、ドゥクチュの妻は、信じられない光景を目にします。それは、町中で塩売りをしているサンオクの母の姿です・・。

サンオクの母はドゥクチュの妻にとって、かつて姉のように慕っていた存在でした。ドゥクチュの妻はサンオクの母を自分の家に招きますが、サンオクの母はそれを突っぱねます。ドゥクチュの娘ミグムはチョン・チスに思いを寄せるようになり、とうとう父に結婚したいと言います。一方、サンオクたちは盗賊の難を逃れましたが、盗賊に畑を荒らさせるという松商の思惑は成功し、湾商は大打撃を受けます。結果、柵門での人参取引ができなくなってしまいました...。

 

商道(サンド) 12話

湾商にとっては厳しい局面が訪れていました・・。窮地を脱するためには松商と手を組む必要がありましたが、ドクチュはこれに賛成しません。松商は湾商を乗っ取ろうとしている・・ドゥクチュはそう考えていました。しかし悩んだ挙句、ドクチュは渋々松商と手を組むことにします。人参貿易の連携を承諾してもらった松商は、さっそく湾商に対して条件を出します。

それは、人参取引を柵門だけで行うのではなく、燕京でも取引を行うことです。燕京には密行する必要がありましたが、サンオクがその役目を引き受けます。一方、チェヨンは金貴子を売りそこねていましたが、万手がこれを拾って質屋に売ってしまいます。質屋は売られた金貴子があまりにも高価だったため不審に思い、官員に通報します...。

【商道(サンド)-全話一覧】
→商道(サンド)-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-商道(サンド)
-, ,