商道(サンド)

韓国ドラマ-商道(サンド)-あらすじ-34話〜36話-ネタバレと感想

韓国ドラマ-商道(サンド)-あらすじ-34話〜36話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「商道(サンド)」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率33.1%を記録!動画も話題に♩

商道-サンド-韓国ドラマ あらすじ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「商道(サンド)」34話~36話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-商道(サンド)-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-商道(サンド)-概要

時は19世紀、朝鮮王朝。父親に変わり訳官を目指すサンオク。
ある日チョミュンに冤罪の罪を着せられそれによって父親を亡くし、自分は身分をおとされてしまいます。
しかしその後商人の師匠ドゥクチュとの出会いがあり、サンオクは商人としての才能を開花させていきます。
ただし成功への道を歩くサンオクの前にまたしてもチョミュンが立ちはだかり…
朝鮮時代に貿易で大成功を収めたというサンオクの波瀾の物語が今、はじまります。

韓国ドラマ-商道(サンド)-あらすじ-34話〜36話

商道(サンド) 34話

湾商は清国商団との取引を断念しますが、その際に戸曹から3万両の融資を受けていたことを、チョン・チスに悟られてしまいます。チョン・チスは湾商の動きを不審に思い、湾商に探りを入れるようになります。タニョンは人参貿易の申請を行うために松都の役所に来ていましたが、そこで衝撃的な事実を知ります。それは、サンオクとパク・ユチョルが一緒にいたこと、そして二人が5千斤の人参取引を準備していることです。

パク・ユチョルは紅参作りの名人ですが・・タニョンはこれを知って驚きます。タニョンはすぐにこのことをチョン・チスに報告しますが、チョン・チスはすぐに情報収集を行い、薬材市が燕京で行われることを突き止めます。湾商に遅れを取ったことを知った松商は、巻き返しを図り人参取引の準備にとりかかります!しかし、松商が選んだ方法はとても無謀なものでした...。

<スポンサーリンク>

商道(サンド) 35話

朝鮮人の人参はまったく売れませんが、それにははっきりとした理由がありました。それは、清国商人たちがあらかじめ談合を行い、朝鮮人参は買わないと決めていたからです。そして、人参の栽培は清国でも始まり、わざわざ朝鮮人参を買う必要もなくなったのです。松商大房パク・チュミョンはこのことに危機感を抱き、すぐに各商団の代表者会議を開きます。

なんとかして策を講じ、清国商人たちの談合を突破しなければなりません。そして代表者会議の結果、全ての商団で70両の価格に統一することが約束されました。この結論をもって清国商人と交渉しますが・・サンオクがこれを拒絶します。サンオクの主張は、70両などという原価に満たないような価格で売ることはできないというものです...。

 

商道(サンド) 36話

代表者会議の決定に反発するサンオクは湾商の宿に戻りますが、素直に人参の価格を下げるどころか、逆に150両に上げます。しかも、松商と京商の人参を全て買い取るというのです。薬材市はじきに終わろうとしていましたが、松商サイドはサンオクの奇抜な行動にあきれ、帰り支度を始めます。

そこへタニョンがやってきますが、サンオクは無謀な行動を諌めようとするタニョンの面会を断ります。燕京の薬材商ワン商人も駆けつけますが・・もはやサンオクの決心は揺るぎません。こうして清国産の紅参が40両で売り出され、全員がこれで終わりだとサンオクに詰め寄りますが、サンオクは冷静でした。まず清国産の人参を取り寄せ、その品質がいかに悪いかを説明していきます...。

【商道(サンド)-全話一覧】
→商道(サンド)-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-商道(サンド)
-, ,