韓国ドラマ-三銃士-あらすじ-4話-ネタバレと感想

韓国ドラマ-三銃士-あらすじ-4話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「三銃士」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
DVDも話題の韓ドラ!

韓国ドラマ 三銃士 あらすじ ネタバレ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「三銃士」4話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-三銃士-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-三銃士 概要

清王朝の時代…朝鮮の使臣団としてやってきたジウォン。
書庫を訪れた際に「パクダルヒャン回顧録」の書物を発見する。
その書物を開き始めたジウォン、その中には著者のパクダルヒャンの人生が描かれていて…
有名な三銃士の物語を韓国版にアレンジしたこのドラマ。
激動のダルヒャンの人生にハマってしまうこと間違いなし☆な歴史ロマンドラマです。

韓国ドラマ-三銃士-あらすじ-4話

三銃士 4話

ダルヒャンたちが文官たちの密談を聞いてからしばらくして、後金の使節団たちがやってきます。これを受けて朝廷はてんやわんやの大騒ぎとなります。使節団を迎えて会うべきか、それとも会わないで追い返すべきか、二つの意見に真っ二つとなります。

文官たちは揉めに揉めますが、それで結論が出てきません。誰の言葉も当てにならないと考える仁祖は、文官たちに対する不信感を強めていき、孤立感を深めていきます。不安にさいなまれるようになった仁祖は、やがて精神を病んでしまいます・・。

一方、ダルヒャンはミリョンが使節団の中にいるのを確認して、ミリョンに会いに行きます。そこでダルヒャンは思わぬ手紙に遭遇することになります。その手紙とは、ユンソがダルヒャンに宛てて書いたラブレターでした。それはとっくに処分したと聞かされていましたが、いまだに残っていたのです。

一方、ユンソはラブレターを隠しておいたのにそれが無くなっていることに気が付き、表情をこわばらせます。ちゃんと抽斗に入れておいたのになぜ・・と。ところが、ダルヒャンがユンソのラブレターを読むことはミリョンが許しません。ダルヒャンが手紙を手に取った瞬間のことでしたが、いきなりダルヒャンは首に毒針を打たれてしまいます。

あっというまに意識を失ってラブレターを奪われてしまうダルヒャン・・攻撃したのはミリョンです。遠のく意識のなかでダルヒャンはミリョンの声を聞きました。ソヒョン世子に命を捧げて仕えるべきではない、彼はそれほどの人物ではない。もし彼に忠節を尽くすなら、私のようになってしまうだろう・・。そして次にやられるのは・・ソヒョン世子である・・と。

やがてダルヒャンは目を覚ましますが、すぐ近くでは一人の女官が絶命していました。首にささったままの毒針を抜くダルヒャンは、それを布でくるんで懐へ。動揺する心を必死に抑えながら、ヨンゴルテを避けて逃げていきます。朝鮮の民は、仁祖とソヒョン世子が使節団に会いに行くことを知り、侮蔑の言葉を浴びせます。

それでもこの国リーダーか、本当に統治者か!というメッセージが込められていましたが、仁祖は民の気持ちを知って不安を大きくしていきます。平常心を失った仁祖はヨンゴルテの首を打てと言いますが、ソヒョン世子はそれを制止してなだめます。それでも仁祖は命令を撤回しようとしないのでした・・。仕方なく命令を聞くしかなくなったソヒョン世子は、ミンソとスンポを呼び、二人にヨンゴルテの首を落とすよう・・ではなく、その首を守るよう命令します...。

 

【三銃士-全話一覧】
三銃士-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-三銃士
-, ,