三銃士

韓国ドラマ-三銃士-あらすじ-12話(最終回)-ネタバレと感想

韓国ドラマ-三銃士-あらすじ-12話(最終回)-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「三銃士」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
DVDも話題の韓ドラ!

韓国ドラマ 三銃士 あらすじ ネタバレ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「三銃士」最終回12話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-三銃士-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-三銃士 概要

清王朝の時代…朝鮮の使臣団としてやってきたジウォン。
書庫を訪れた際に「パクダルヒャン回顧録」の書物を発見する。
その書物を開き始めたジウォン、その中には著者のパクダルヒャンの人生が描かれていて…
有名な三銃士の物語を韓国版にアレンジしたこのドラマ。
激動のダルヒャンの人生にハマってしまうこと間違いなし☆な歴史ロマンドラマです。

韓国ドラマ-三銃士-あらすじ-12話(最終回)

三銃士 12話

ヒャンソンは獄中の中にいると安心しきっていたのは、ソヒョン世子とダルヒャンでしたが、そこへとんでもない知らせが入ります。なんとヒャンソンが牢屋を脱出し、医院を消し去ったというのです。しかも彼女を捕まえることはできず、行方知れずになったと・・。

それだけではなく、ダルヒャンの父親までが変な酒を飲んで亡くなったといいます!矢を放ったのは一体誰だ・・おそらくヒャンソンなんだろう・・。後を追いかけていくと、そこにはやはりヒャンソンがいました。ヒャンソンはなおも矢を放とうとしますが、逆にこちらから斬りかかっていくと、ヒャンソンは逃げていきます。

川岸に追い詰められたヤンソンは、なおも矢を射て抵抗しますが、やがて川に落ちて命をおとします。ソヒョン世子は意識を失っていましたが、やがて目を覚まし、すぐにユンソの容態を尋ねます。ユンソさまは体調を回復させておられますという言葉を聞くと、ふたたび眠りに落ちるのでした・・。

その頃、キム・ジャジョムはソヒョン世子とヒャンソンの関係について、また今回の事件について嘘の証言をしていました。彼によれば、ソヒョン世子とヒャンソンは昔からよく知っている関係で、世子がヒャンソンを牢屋に入れたのは単なる世子の私情によるものだったとのこと。こうして仁祖は安州事件の再捜査を指示しますが、それと同時に三銃士の存在が明らかになります。

<スポンサーリンク>

三銃士、すなわちダルヒャン、ミンソ、スンポの3人は、仁祖から取調べを受けることに。ダルヒャンは世子を庇って、三銃士とは我ら三人のことであり、これに世子は含まれないと主張します。仁祖はこれを聞いて、3人に絞首刑を言い渡します!

ソヒョン世子はこれを聞き、慌てて自分も三銃士の一人なんだと言って、刑の執行を阻止しようとします。仁祖はそれなら世子も一緒に絞首刑にしようと言い出しますが、さすがに息子を死なせることはできず、3人の刑執行も中止させます。しかし仁祖は、息子・ソヒョン世子への不信感とライバル心を強めていくことになります・・。

そんなとき、ふたたび後金の脅威が朝鮮に迫ります。このたびは軍勢を送り込んで、交渉なしでいきなり攻め込んできました。この戦争で朝鮮は壊滅的な被害を受けながら負けてしまい、ソヒョンとユンソは後金の人質として連れて行かれます。

それから2年の月日が流れ…

ダルヒャンは後金の潘陽にいましたが、そこで三銃士と再会します。行方知れずのヒャンソンも実は生きていて、キム・ジャジョムとの再会を果たします...。

【三銃士-全話一覧】
三銃士-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-三銃士
-, ,