韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-あらすじ-34話〜36話-最終回まで感想も!

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-あらすじ-34話〜36話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「帝王の娘スベクヒャン」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率11%超え!

帝王の娘スベクヒャン 韓国ドラマ あらすじ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」34話~36話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-概要

6世紀はじめの百済では24代国王東城(トンソン)が国を治めていました。
カリム城の城主であり貴族のペク・カは辺境へと送られそうになっていた。
そのころ娘のチェファは王のいとこであるユンと秘密で付き合っていました。
そんなある日彼の子を身ごもり…

 

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-あらすじ-34話〜36話

帝王の娘スベクヒャン 34話

突然ソルヒがやってきて、ユンの娘だと名乗り
王の娘スペクヒャンとして王室にいる事を良く思わない者も多数いた。
でもソルヒは全く気にしていないし、むしろそんな人たちには強く出た。

ソルランはというと、ミョンノンと移管時に進展していた。
ミョンノンとの事を考えるとなおさら、辛い試練にも耐える事ができた。

帝王の娘スベクヒャン 35話

突然悪い知らせが届いた。
それはユンの父がこの世を去った原因となった国との戦争が
再び起こりうるという可能性が出て来たからだ。

チンムはこのことをソルヒに説明した。
初めて知るユンの過去だった。
ユンの父親を裏切った人物が、今も生存しているのだ。

 

帝王の娘スベクヒャン 36話

その人物がいる国と、ユンの国がまた戦おうとしていた。
ユンはなんとか温厚に事を納めたかった。
すると、向こうの国は条件として
ソルヒの事をこちらの国によこせと言って来た。

【帝王の娘スベクヒャン-全話一覧】
帝王の娘スベクヒャン-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-帝王の娘スベクヒャン
-, ,