帝王の娘スベクヒャン

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-あらすじ-58話〜60話-最終回まで感想も!

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-あらすじ-58話〜60話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「帝王の娘スベクヒャン」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率11%超え!

帝王の娘スベクヒャン 韓国ドラマ あらすじ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」58話~60話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-概要

6世紀はじめの百済では24代国王東城(トンソン)が国を治めていました。
カリム城の城主であり貴族のペク・カは辺境へと送られそうになっていた。
そのころ娘のチェファは王のいとこであるユンと秘密で付き合っていました。
そんなある日彼の子を身ごもり…

 

韓国ドラマ-帝王の娘スベクヒャン-あらすじ-58話〜60話

帝王の娘スベクヒャン 58話

ソルランとソルヒがいなくなってしまった後、
クチョンは他からきた子供を育てていた。

ソルヒがユン王の娘ということは…
母のチェファが、クチョンという父がいるにもかかわらず
ユンとそういう関係だったということになる。
ソルランにはその事実が辛すぎた。

<スポンサーリンク>

帝王の娘スベクヒャン 59話

ユン王はいろいろと悩んで、ソルヒとも距離を置くようになっていた。
そんな中でソルランはなぜソルヒではなく、
自分にスペクヒャンのタトゥーがいれられているのだろうと考えるようになる。

スペクヒャンであるソルヒの母親チェファの父親はペク・カ。
そのペク・カがトンソン王がこの世を去った原因となっていたことを聞く。
しかもそのことを全て知っているであろう人物がいるという情報を掴む。

 

帝王の娘スベクヒャン 60話

昔チェファのもとに仕えていたマックムは、
チェファから離れてしまった事を公開する日々を送っていた。
そしてチェファは今どうしているのか気になっていた。
そんなマックムの存在を知ったソルランもまた、
マックムに会いたいと思っていた。

ソルランはみんなと仲良くやっていた。
だが、ソルヒは取り残されていた。
みんなとうまくやっていけないのだ。

【帝王の娘スベクヒャン-全話一覧】
帝王の娘スベクヒャン-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-帝王の娘スベクヒャン
-, ,