どれだけ好きなの

韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-61話〜63話-最終回まで感想も!

韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-61話〜63話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「どれだけ好きなの」あらすじ 各話
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率43%を記録!OSTも人気です♩

どれだけ好きなの 韓国ドラマ あらすじ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「どれだけ好きなの」61話~63話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-どれだけ好きなの-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-どれだけ好きなの-概要

お嬢様だけど、家族から問題児扱いされるソンジュ。
父親はそんな娘を部下と結婚させ落ち着かせようとしますが、ソンジュは反発して家出。
そんな彼女がいきついたのは、ワンドとよばれる島でした。
そこで出会った漁師のドンスと恋に落ちますが、お嬢様のソンジュと平民のドンスとの結婚に猛反対の両親。
しかもそれには双方の親の過去にも原因があるようで…

韓国ドラマ-どれだけ好きなの-あらすじ-61話〜63話

どれだけ好きなの 61話

涙を流して新婦を演じたソンジュはマンボクの手を振り払って逃げ出し、ヒョンチョルは思いも寄らない状況に仰天する。スンシムはふらつき、ソンジュはドンスに会うため黒石洞へ行くタクシーに乗り込む。遅れて式場に到着したドンスは、惨めな出で立ちのヒョンチョルに首根っこを掴まれ、その時始めて状況を把握し慌てて式場を離れる。

ソンジュはウェディングドレス姿のままマンボクが送った人々に捕えられる。ドンスの家族のことを思い、死んだと思ってヒョンチョルと結婚しようとしたが、ドンスはもちろん、自分も死んでしまいそうだったのでもうどんなことがあってもドンスと一緒にいると言う。ドンスはソンジュの家に行き、腹を立てたマンボクに頬を殴られる。

ヒョンチョルはショックでふらつくスンシムの側にいるのが苦しくなり、外に出て行きマンボクからの電話も受けない。ドンスとソンジュが自分に言った言葉を思い出し、二人にやられたと壊れるのだった...

どれだけ好きなの 62話

マンボクはソンジュを部屋の中に閉じ込め、連絡が途絶えたヒョンチョルと公衆の面前で恥をかいた自分の将来を心配する。ドンスはソンジュのことが心配でソンジュの家の前で夜を明かし、ギニョとオボクはドンスの気遣いに感動する。もうこれ以上ソンジュをこのままにはさせないと言うドンスの言葉にギニョは驚き、母さんと呼んで気立て良くふるまうドンスの姿を気の毒に思う。

ソンジュはギニョと共にスンシムを訪ねて行き、驚いたスンシムはソンジュの頬を叩く。ソンジュは涙を流して謝罪し、驚いたスチョルはスンシムを止める。ヒョンチョルに何かあったら絶対許さないというスンシムにソンジュは頭を垂れる。

ピルドゥはマンボクからもらったお金を返すためソンジュの家を訪ねて行き、マンボクはギニョとピルドゥの対面を鋭く見つめる。相変らずピルドゥに冷たく接するマンボクはドンスを受け入れることはしないと言う。あきれたピルドゥは何としてもソンジュを嫁として迎えると言い...

 

どれだけ好きなの 63話

自分が働いていたナイトクラブの社長がマンボクであるという事実を知ったドンソクはクラブで乱闘を始める。またもや拘置所に入ったドンソクはマンボクに会わせろとわめき、チソンはドンソクを救うためマンボクに事実を報告するという支配人を止める。

スンシムとスチョルは何日も消息がわからぬヒョンチョルのことが心配になり警察に申告しようとする。その時タキシード姿のまま家に入ってきたヒョンチョルは、思いを全て整理したので普段通り出勤すると言う。驚く程物静かなヒョンチョルの姿にスンシムとスチョルは言葉を失う。

マンボクは会社に戻ったヒョンチョルに、昇進と会社の持分の半分を譲り渡す提案をし、ヒョンチョルはその提案を受け入れる。マンボクはとりあえずヒョンチョルを確保できたと思いつつも複雑な心境でヒョンチョルを見つめ...

【どれだけ好きなの-全話一覧】
どれだけ好きなの-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-どれだけ好きなの
-, ,