韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-最終回まで感想あり-79話〜80話(最終回)

韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-最終回まで感想あり-79話〜80話(最終回)

韓国ドラマ 「千秋太后(チョンチュテフ)」あらすじです。
感想、キャスト、人物相関図など、最終回までネタバレありで全話配信します。
視聴率24.3%の韓国でも人気!

韓国ドラマ 千秋太后 チョンチュテフ ネタバレ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
それでは韓国ドラマ「千秋太后(チョンチュテフ)」79話~80話(最終回)のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

千秋太后(チョンチュテフ) 概要

時は10世紀末~11世紀初期。
高麗王朝の6代国王、王正宗は高麗に攻め入ってきた契丹は領土を一部譲るように要求。
国王はいいなり状態だが妹の千秋太后は猛反対する。
そして契丹に立ち向かうため戦に向かう。
しかし敵の罠にはまり絶対絶命に。
捕虜になるくらいならと断崖絶壁から身を投げ…
高き理想をもちつつも祖国を守るために戦う、波瀾にみちた千秋太后の物語が今、はじまる。

韓国ドラマ-千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ-79話〜80話(最終回)

千秋太后(チョンチュテフ) 79話

熊の住む洞窟で5日間生き延びた黄州小君は、将来 女真人を束ね、高麗や契丹を凌駕する大帝国を築く者として一族の長に育てられることになる。
小君が女真人の後継者になったとは夢にも思わない千秋太后は、息子に会えない運命を呪い涙に暮れる。

一方、退却中の聖宗が近くにいることを知ったヤン・ギュとキム・スックンは、
彼の首を取るべく命をかけた最後の戦いに臨もうとしていた。

千秋太后(チョンチュテフ)80話(最終回)

長きに渡る戦が終わり、これ以上人の命を犠牲にしたくないと考える顕宗は、
戦時中に自分を裏切ったキム・シモンらに温情を施す。旧領を取り戻す夢を捨てきれないスは、
黄州小君を連れ戻すため女真人の村を訪れる。

ところがそこで見たのはトギョンを母と慕い、クム・ジュンと名付けられた小君の姿だった。
その頃契丹の地で復讐を果たす機会を狙っていたユ・チュンジョンは、ついに決行の日を迎えるのだった。

 

【千秋太后(チョンチュテフ)-全話一覧】
千秋太后(チョンチュテフ)-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-千秋太后(チョンチュテフ)
-,