トンイ(同伊)

韓国ドラマ-トンイ(同伊)-あらすじ-22話〜24話-最終回まで感想も!

韓国ドラマ-トンイ(同伊)-あらすじ-22話〜24話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「トンイ(同伊)」あらすじ 各話
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率は平均25%

トンイ(同伊) 韓国ドラマ あらすじ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「トンイ(同伊)」22話~24話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-トンイ(同伊)-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-トンイ(同伊)-概要

今も昔も身分違いの恋は難しい分、燃えます。
平民のトンイと偶然出会った朝鮮王との許されざる恋…。
貧しい生い立ちから朝鮮の王の側室、そして王の母にまでなったトンイの波瀾のドラマです。

韓国ドラマ-トンイ(同伊)-あらすじ-22話〜24話

トンイ(同伊) 22話

トンイは自分でやるべき仕事すらさせてもらえない日々を過ごしていた。
だが臆することなく内需司に向かい続ける。
そして不正の有無を調査するために書庫から業務日誌を持ち出す。
しかし目撃されてしまい、体罰を受けてしまう。

そこまでするトンイの姿勢をみたチャン尚宮たちは奮起し内需司に立ち向かう。
しかしそれを聞いた殿下は、今度ばかりは監察府が引くよう命じるのであった。
禧嬪とトンイはそんな殿下の命に耳を疑った。

本当の狙いは、銅と錫を買い占めてあまり売らないという通貨の生産が乱れていることに対処するための王のはかりごとだったのだ。
真実を知ったトンイは殿下がいない隙に内需司に潜入する。
大妃の命を奪うことを企んだ禧嬪の罪を明るみにするために。

禧嬪のほうはというとトンイと内需司に残る証拠を消し去ろうと目論んでいた。

トンイは内需司の書庫にて証拠の品を発見した。
しかし内需司に火を放たれ、逃げるトンイに刺客が迫るのだった。

トンイ(同伊) 23話

その刺客とはヒジェの差し金であった。
トンイは証拠の品を持ったままソ従事官の友人の司憲府知事に協力を求めた。
知事は証拠を殿下に手渡しトンイを逃がそうとした。
だが刺客によって命を奪われてしまった。

その頃、粛宗は狩りに出かけていた。
そこで内需司が火事になったことを耳にし宮廷に向かった。

トンイは火を放たれ負傷しながらも殿下の元へと向かっていた。
しかし殿下の駕籠を目前に力を使い果たし倒れ込んでしまう。

宮廷のヒジェはもうトンイは生きてはいないと思い込んでいた。
トンイを内需司の放火犯に仕立て上げ禧嬪に疑いをもつソ・ヨシギをも追い出そうと企んでいた。

結果、殿下はヨシギを免職し、禧嬪を中殿とする任命式を挙げるのだった。

 

トンイ(同伊) 24話

はれて禧嬪は中殿となった。
そしてヒジェは捕盗大将にまで昇進する。
ここまで禧嬪の思い描いた通りにことが運んでいた。
しかしある日トンイが夢に現れ不安が胸をよぎるのだった。
そしていなくなったトンイを捜しださせるためにヨシギを免職にする。

ヨシギは王の命に従いチョンスと一緒にトンイを捜していた。
そのトンイはといえば何とか生き延び義洲のピョンの商談に匿われていた。
頭のピョンはトンイの賢さを利用しようとチョンスに送るよう頼まれた手紙を出さずにいた。
そしてピョン商団に流配された両班のシム・ユテクがやってくることに。

トンイはようやく頼んだ手紙がまだ出されていないことを知る。
そして商団から逃走をはかる。
そこにチャン・ヒジェが姿を現した。

その頃、チョンスとヨシギはというと行商から義洲にトンイがいることを知る。
2人は急いで義洲へと向かった。

【トンイ(同伊)-全話一覧】
トンイ(同伊)-あらすじ全話一覧はこちら

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-トンイ(同伊)
-, ,