わが愛しの蝶々夫人

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人-あらすじ-34話〜36話-ネタバレと感想

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人-あらすじ-34話〜36話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「わが愛しの蝶々夫人」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率10%超え!DVD・OSTも人気です♩

わが愛しの蝶々夫人 韓国ドラマ ネタバレ あらすじ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「わが愛しの蝶々夫人」34話~36話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人 概要

主人公のナビは結婚相手が起こした事件により芸能界を追われることに。
運命だと思い結婚した相手(ジョンウク)が詐欺の容疑で・・・・。
華やかな世界で活躍していた彼女は、お金も仕事も奪われることに。

無一文になり、さらに妊娠したナビは夫の実家で暮らすことになるが・・・・。
ナビは前向きにたくましく生きていくのだが、様々な妨害にあいいつの間にか復讐に巻き込まれていくのだ。
「わが愛しの蝶々夫人」は韓国ドラマでは人気のドロドロ愛憎劇です。

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人-あらすじ-34話〜36話

わが愛しの蝶々夫人 34話

更にどうせつかまるんだからここにいろ!とナビが言うが手を振りほどき去って行く。
ソラは、ユジンに連絡をとり証拠を渡したら、一番欲しい物をあげると言う。
そして、墓地と大豆食堂の権利書を持っていれば、必ずあなたの所へ戻ってくると告げる。
ナビがユジンと会うと、ジョンウクが持ってる証拠があればソラを刑務所に入れられるから彼を説得しろと言う。

その頃、ワールドデパートの元部下に今の本部長が入店する予定の店から賄賂をもらってるという情報が入り、ウジェが現場を押さえる。
ユジンは、ナビの説得に応じ証拠を渡すと言い、自宅に取りに行く約束をするが来たのはナビではなく柄の悪い連中に証拠を取られてしまう。
それは、会長の企みで、ソラを呼び出し証拠をやるから大豆食堂の権利証を渡せと命じて....。

<スポンサーリンク>

わが愛しの蝶々夫人 35話

土地の所有者となった会長は、ウジェに大豆食堂へ乗り込んで会社に戻れ!と....。
そして、証拠を奪わせたのも自分だと話し、この家の人達がホームレスになってもいいのか?と脅す。
会長がここの嫁が不倫してると話して大騒ぎになるがナビは、いずれこの家を出るがその前に安心して暮らせるように家の人を守りたい!と母親に話して....。
ウジェは、会長に戻ると話し大豆食堂を去って行き....。

その頃、ジョンウクとの面会後、ユジンは権力者である母親に刑務所から出してとお願いして....。
何店も退店を求められ、ワールドデパートも客が来なく困ったソラは、会長に助けを求めるは、しめしがつかないと断られて....。
会長に会いに行ったナビは、離婚をするから大豆食堂がどうなってもいいし、あそこが無くなったら堂々とウジェと結婚できると笑顔で話して....。

 

わが愛しの蝶々夫人 36話

土地の所有者となった会長は、ウジェに大豆食堂へ乗り込んで会社に戻れ!と....。
そして、証拠を奪わせたのも自分だと話し、この家の人達がホームレスになってもいいのか?と脅す。
会長がここの嫁が不倫してると話して大騒ぎになるがナビは、いずれこの家を出るがその前に安心して暮らせるように家の人を守りたい!と母親に話して....。
ウジェは、会長に戻ると話し大豆食堂を去って行き....。

その頃、ジョンウクとの面会後、ユジンは権力者である母親に刑務所から出してとお願いして....。
何店も退店を求められ、ワールドデパートも客が来なく困ったソラは、会長に助けを求めるは、しめしがつかないと断られて....。
会長に会いに行ったナビは、離婚をするから大豆食堂がどうなってもいいし、あそこが無くなったら堂々とウジェと結婚できると笑顔で話して....。

 

【わが愛しの蝶々夫人-全話一覧】
わが愛しの蝶々夫人-あらすじ全話一覧はこちら

ネタバレ

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-わが愛しの蝶々夫人
-, ,