わが愛しの蝶々夫人

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人-あらすじ-37話〜39話-ネタバレと感想

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人-あらすじ-37話〜39話-ネタバレと感想

韓国ドラマ 「わが愛しの蝶々夫人」あらすじ 全話一覧
感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信します。
視聴率10%超え!DVD・OSTも人気です♩

わが愛しの蝶々夫人 韓国ドラマ ネタバレ あらすじ

アニョハセヨ❤︎

韓ドラ大好き!はーちゃんです。
韓国ドラマ情報局では、私はーちゃんが大好きな韓流ドラマを視聴した感想やあらすじをお届けしています。
最終回の結末まで更新予定です♩
それでは韓国ドラマ「わが愛しの蝶々夫人」37話~39話のあらすじをどうぞ!

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人-相関図・キャスト情報・あらすじ概要はこちら

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人 概要

主人公のナビは結婚相手が起こした事件により芸能界を追われることに。
運命だと思い結婚した相手(ジョンウク)が詐欺の容疑で・・・・。
華やかな世界で活躍していた彼女は、お金も仕事も奪われることに。

無一文になり、さらに妊娠したナビは夫の実家で暮らすことになるが・・・・。
ナビは前向きにたくましく生きていくのだが、様々な妨害にあいいつの間にか復讐に巻き込まれていくのだ。
「わが愛しの蝶々夫人」は韓国ドラマでは人気のドロドロ愛憎劇です。

韓国ドラマ-わが愛しの蝶々夫人-あらすじ-37話〜39話

わが愛しの蝶々夫人 37話

警察に言って、尋問にも強気のソラだったが会長の裏切りを知ると動揺を隠せないで。
ユジンの母親の力で釈放されたジョンウクは、ナビとは別れないと言って....。
そして、ナビが置いて行った離婚届けも家族にも別れないと話し破く。
ソラは、全てを処分して投資者に返金すると決め株も手放すことにした。
その情報を聞いたユジンの母親は、ソラの株を買い占めろとジョンウクに命じて、ワールドデパートをいただくと言って....。

ソラが財産を処分してナビにも分配されるが少ししか返金されずがっかりで....。
ユジンの母 シルビア・チェ イは、会長の家の前で元々自分のワールドデパートだったとつぶやく。
ザ・ナビの店が開店を迎えた日、ソラも釈放されて....。

<スポンサーリンク>

わが愛しの蝶々夫人 38話

開店のお祝いで家族で記念撮影をしてにぎやかに過ごしている頃、ソラは、スジョンが用意してくれた部屋へ向かう。
自分の店に行くとユジンの母親がいて望む物を与えるとソラに言うが。
その頃、ソラが手話した株がユジンとジョンウクに一足先に買い占められていた事に会長は、悔しがる。
ユジンの母 シルビア・チェ イは、ソラの家も買い、ワ-ルドデパートのイ・サムグ(会長)とその一家を潰すのを手伝えと命じる。
チェは、病弱の子供を会長にお願いするが引き取りに来た時は、亡くなったと嘘を言われて、その恨みをバネに暮らしてきたのだと。
株を資金もないはずなのに買い占めたジョンウクに訳を聞くと、会長はじめワ-ルドデパート潰すと言われる。
入店の選考会に来たナビだったが、遅れて入って来た代表にソラが登場して....。

わが愛しの蝶々夫人 39話

ソラが代表で驚くナビだが、釈放されて間もないのに資金を隠していたのか?と聞くナビに支援者がいると笑って答え....。
ジョンウクと大豆食堂で会ったナビは、ソラと自分には共通の目的があると話し支援者は、ユジンの母親だと明かす。
その頃、モランが内緒で外国人学校に息子を不正入学させていたのが記事になりウジェがマスコミ対応に追われる。
そして、社長のソンリョンは、会見の席で会社とは何の関係もないが責任を取って社長の座から身を引くと発表する。
食事に誘われたナビに今日が母親の誕生日だと言い、もし生きてたら同じ物を食べてると思うとウジェが寂しそうに言って....。

靴の注文が殺到して喜んでいたが、大量の靴を作って届けると受け取る人が居なく、架空の人物による注文だったことが判明する。
その頃、次期社長にとウジェの名が出るがシルビア・チェが役員達の前で、既婚者との不適切な関係がある人を社長にはできない!と認めないと....。

【わが愛しの蝶々夫人-全話一覧】
わが愛しの蝶々夫人-あらすじ全話一覧はこちら

ネタバレ

 

韓国ドラマの視聴方法は?

韓国ドラマの視聴方法をよく尋ねられるはーちゃんです。

地上波、BS、CSはチェックしてます♩
そして「U-NEXT」も契約してます。
「Hulu」とどっちがいいの?って聞かれるんですが。。。

私はU-NEXT派ですね。
理由は色々あるんですけど、U-NEXTは1ヶ月無料体験があるのでご自身で感じてみてください。

U-NEXT1ヶ月無料体験

 

 

-わが愛しの蝶々夫人
-, ,